磨墨とは

1184年、京都・宇治川の戦いで源範頼、義経の軍が京都に

打ち入ったとき白毛の「いけずき」黒毛の「するすみ」二頭の馬が

先陣争いをしたと、いわれるものです。

日本史の中で馬が主役になった有名な話です。

この馬は郡上で生まれ育ち駆けることは天馬の如く早くいかなる

障害物も苦もなく飛び越えるという稀な馬で、人々は真黒な毛色

なので磨墨(墨を磨ればするほど黒くなる、それほど黒い馬)と呼んでいた。

時の鎌倉幕府の将軍である源頼朝に献上した馬であるが、

重巨梶原平三景時により与えたものです。

郡上踊りの曲の「春駒」の一説にも

「郡上は良いとこ馬所あの磨墨の名馬出した」と歌われている。

   

   

  


磨墨の名前の言われ